防音室を作って音を気にすることなく生活する

生活環境に合わせた家

女の人

近所付き合いに必要なこと

防音室というとどんなことを想像するだろうか。音楽室、楽器を習っている、静かに仕事がしたい人向けなど色々なことが想像できる。実際に主道路に面したところに家がある人や家に楽器がある人は自分のためにもご近所のためにも防音室を検討・購入した人も少なくないだろう。例えば今や主流となっているバンドを自宅で練習したい場合、防音されていない住宅街で練習したらどんな風になってしまうか安易に考えることができる。もともと音というのは振動で地面に伝わるものである。防音室はどのようなニーズに合わせて作りたいかという希望によって価格や素材が変わってくるのだ。部屋の中に部屋を作って完全個室にする防音室や、部屋そのものを防音室にするやり方がある。最近の分譲マンションはある程度の防音が備わっており隣の家とのトラブル回避にも繋がっているが、戸建ての場合はそうはいかないことが多い。戸建てエリアは所謂住宅密集地であることが多く、隣の家との壁の距離が数十センチということもある。特に新築だとどうしても何軒か隣接して建設されているので、平日の日中は回避されても皆が休みの週末や朝夜は音が出ることに気を付けて生活しなければならない。特に最近、子どもにピアノを習わせる人も多く学校が休みの時に練習をするので騒音トラブルにもなりかねない。トラブル回避のためにも防音室を作ってご近所からの苦情をなくすことも色々な人に視野に入れていただきたい。

レディ

快適に暮らすために

私たちが生活をする上では、様々な場所から音が聞こえてきます。これらの音は、ほとんどが個体音と空気音です。いろいろな防音工事をすることで、これらの音をカットすることが可能です。また家の気密性も高まってくることになります。

防音材

安心して演奏するために

ドラム練習を行うときは、防音設備のある演奏場所の確保が重要ですが、持ち家であれば防音工事を行うのが良いです。最初に施工業者に現場を見て頂き、見積もりを依頼します。遮音と防振設計を前提に、部屋の大きさも加味して金額が決まります。部屋の引き渡し後も、アフターサービスを受ける事が出来ます。